月別アーカイブ: 2016年12月

SUV、軽自動車に絞ってチェックしてみよう

SUVの軽自動車が、新車購入の選択肢の一つ。そんな方も最近ではとても増えていると聞きます。実際、街を見ていても軽自動車そのものを見る機会というのがとても増えていますし、軽のSUVを見る機会も同時に増えています。

特に軽自動車のSUVというのは、日本人にとてもウケが良いとも言われているのです。それななぜなのかというと、もともと日本人は小さく、コンパクトで、なおかつ精巧、精密なものを好むという傾向があるからだそうです。これは日米の比較が分かりやすいですよね。

SUV発祥の地はアメリカ、南カリフォルニアの砂漠と言われていますが、そこから始まったアメリカのSUVの歴史はすでに50年を超えており、現在のアメリカではとにかく大きく、迫力のあるSUVがに人気となっています。

アメ車と言えば大きなクルマ、という印象をお持ちの方も多いと思いますが、それにはこういったSUVの歴史が与えた影響もあるのでしょう。

それに対して日本はやはり、小さくコンパクトで、精巧精密である事が好まれます。ミニチュアや模型といった小さなものを精密に作る技術は、世界でも高く評価されていますよね。そんな日本ではやっぱり高機能な軽自動車というのは、人気を集めやすい傾向があります。

今回はそんな軽自動車のSUVについて、いくつかの車種をご紹介させていただきたいと思います。

軽自動車の、知られざる魅力とは?

軽自動車の魅力と言えば、小さくて乗りやすい。燃費が良い。車両価格が安い。税制面での負担が小さい、といった様々なメリットや魅力があります。

しかしもう一つ、知られざる魅力があると言われているのですが、それは「改造がしやすい」ということなのだそうです。つまり、小さくてコンパクトなので、大掛かりな設備やスペースが無くても、個人で気軽に改造しやすいという事なのではないかと思います。

それに、やはり本物のSUVの魅力の中に「改造」というのも含まれます。そもそもSUVは改造から始まっています。南カリフォルニアの砂漠で暮らし始めたヒッピーと呼ばれる人達が、小さなピックアップトラックを改造して使い始めたのがSUVの始まりだからです。

そう考えると、軽自動車のSUVというのは、本当にたくさんの魅力が詰まったクルマと言っても良いでしょう。

SUVの軽、代表するのはやはりこのモデル

車の好みというのは、人それぞれ意見に違いがあると思いますが、その中でも軽自動車のSUVというのは、ある程度の共通の認識のようなものがあります。

それは、「軽自動車のSUVと言えばスズキのジムニーでしょう」という認識です。初代ジムニーは、1970年の4月がデビューです。オフロードの4DWとして当時、世間に衝撃を与えた車ですね。排気量は360ccクラス。

今でも愛され続けているジムニーは、販売当初「SUV」という扱いではなく、あくまでオフロード車という分野に入っていました。時代の流れの中で、そのエクステリアやフォルムはどんどん変化してきましたが、軽自動車なのに悪路をガンガン走っていけるという走行性能は、現行モデルになってもずっと変わっていません。

先述しました通り、軽自動車に求めるものは、小さくコンパクトで、なおかつ精巧、精密である事です。それはつまり、小さくて機能的であるという価値観を差しています。スズキのジムニーは、まさにそういった小さくコンパクト、精巧精密、そして高い走行性能という機能性を備えた、まさに衝撃のクルマだったということなのですね。

これは、たとえば欧州車を良く知る自動車ファンの方であっても、「日本車は基本的にあまり良いとは思えないけど、ジムニーは別」と方がおられるほどで、それだけ高い評価を得ているという事なのですね。

時代を変えたSUVの軽自動車と言えば?

日本の自動車市場の中で、だんだんと評価が伸びていった軽自動車ですが、特に2000年前後あたり。ちょうど21世紀に入る前後辺りから、軽自動車はどんどんその評価や価値観を変化させてきました。

それまでの軽自動車と言えば、やはり「安物」というイメージが付いて回っていたのです。先ほどご紹介したジムニーに関しては、どちらかというと大人の趣味という色合いが濃かったので、「軽自動車は安物」というイメージとは違うポジションにありましたが、それ以外の一般的な軽自動車については、やはり「経済的に厳しい人のためのクルマ」というイメージがありました。それが2000年前後あたりから徐々に変化をしてきたのです。

どう変化をしたのかというと、「燃費も良いし、使いやすい。細い道が多い日本ではこっちの方がいいんじゃないか?」という、実用性やコストパフォーマンスといった価値観が強くなってきたのです。その結果、軽自動車の進化が加速して、さまざまな軽自動車が販売されるようになってきました。

そんな中で出てきたのが、スズキのハスラーです。もちろん三菱のパジェロミニやダイハツのテリオスキッドといった軽自動車のSUVはそれまでにもありましたが、いわゆるSUVの武骨さを備えたSUVはそれまで無かったのですね。

無かったというよりも、売れるかどうかが見えなかったために開発に至らなかったと言っても良いかもしれません。それがすっかり時代が変化し、2014年にデビューをしたのがスズキのハスラーです。ハスラーは、リッター32kmという高い燃費性能に加えて、軽トールワゴンと呼ばれるジャンルの特徴でもある「広い室内空間」も備えています。

つまりSUVとして、燃費やインテリアという現代の価値観にも応えられる形でのSUVという仕上がりとなっていて、販売開始と同時に一気にその名が知られるようになりました。

軽自動車のSUVは、本当に悪路走行できるのか

軽自動車のSUVについて、たとえばジムニーは本気の悪路走行が可能となっています。もちろん排気量の差というのがありますので、ランドクルーザーやハマーといった車のようにはいきませんが、それでも悪路走行についての性能は非常に高く、スポーツとして文句なしに成立している性能となっています。

しかし、最近になって登場したハスラーやテリオスキッドという車になってくると、やや悪路走行は難しい側面も出てきます。あくまで「ライフスタイルの表現」というイメージで構えている方が良いかもしれません。

まとめ

軽自動車のSUVについてご紹介をしてきましたが、いかがでしょうか?

とてもお手軽で、購入を検討しやすい軽自動車のSUV。ぜひ各クルマの公式ウェブサイトで、詳細をチェックしていただければと思います。

SUV、海外のモデルは日本と全く事情が違う

日本でとても人気となってきているSUV。すでにアメリカや欧州では高い人気を誇るカテゴリーとなっており、メルセデスやBMW、アウディ、フォルクスワーゲンなどなど、多くの有名な自動車メーカーがSUV市場に参入をしています。

日本は、アメリカに10年ほど遅れてブームがやって来るとも言われていますが、実際に日本でもやや遅れはしましたが、現在SUVはとても人気となってきていますよね。

日本の高級車メーカーと言えばレクサスが代表的ですが、レクサスもRXやLXといったSUVをすでに市場に投入しています。レクサスがしっかりと準備をして開発してきたのが良く感じ取れるのが、LXとRXでしっかりと分けているという部分です。

本気で悪路走行が可能となるLXは、排気量が5.7L。トヨタのランドクルーザーに匹敵する大きさです。それに対してRXは、たとえばハリアーのような、ラクジュアリーSUVといった位置づけで、街での走行における静粛性や燃費について重視されています。

SUVについてあまり知らない方にとっては、なんでこのように二つに分けるのかという疑問もあるかもしれませんが、実はSUVというのはそもそも「砂漠を走るためのもの」だったのです。インターネットで調べればすぐに情報が得られますが、もともとSUVは、アメリカ社会の中で生まれました。

社会体制に反対する人たちが、クルマを改造して南カリフォルニアの砂漠で暮らし始めたのですね。その時に彼らが改造したクルマこそ、現在のSUVの原型です。

彼らが乗っていた車は、一般の人達にも受け入れられ、そこに目を付けたアメリカの自動車メーカーが正式に開発に乗り出したという流れです。

ですのでSUVは、アメリカ出身の車種となっており、その基本はまず大排気量である事と、タイヤが大きく車高が高いこと、そして四輪駆動である事です。

しかも単に4輪駆動であるだけではなくて、タイヤが1本、浮いてしまった場合でも他の3本のタイヤで状況を脱することができる走行性能を持つクルマこそ、本場アメリカのSUVと言えます。今回はそんな、アメリカをはじめ海外のSUVについて見てみたいと思います。

大迫力は、日本でも魅力?

日本でも、ハマーやリンカーンナビゲーター、キャデラックエスカレードや、レンジローバーといった大型のSUVというのは、根強い人気と支持というのを持っています。

やはり大きな車体、大排気量、巨大なタイヤというのは、強さの象徴となっているのだと思います。

現実的な機能面で言えば、日本でそのような大排気量で過酷な状況を走る機会というのはまずありませんが、それでも支持されるのは、海外のSUV、特にアメリカのSUVに込められた精神や魂に、共感する部分が多いからなのかもしれません。

SUV、海外勢で人気なのは、やはりこの車種

海外のSUVで日本でも人気と言えば、やはりハマーが挙げられます。

一度見たら忘れることのできない、あの大迫力のエクステリアデザインは、本当に特徴的ですね。初めて街で見かけた方にと手は「あれは一体なんだ?」という衝撃もあるのではないかと思います。その中でも最も手が出しやすいのがハマーH3ではないかと思います。

大迫力のエクステリアデザインで、見る人たちを圧倒する雰囲気をまとっていますが、排気量は3.5L。これはアルファードやエルグランドとほぼ同じサイズです。

価格についても、中古価格だと500万円前後という物件も多いですので、現実的に購入を考えている方にとっては、まず間違いなく候補に挙がる車種ではないかなと思います。

SUVに詳しくない人でも、名前は知っている海外のSUV

もう一つ、SUVにあまり詳しくない方でも名前を知っている海外のSUVといえば、キャデラックのSUV、エスカレードです。

こちらについては「キャデラック」という名前を聞いたことがあるという方も多いのではないかと思います。日本では、都心部でごくたまに見かけるくらいかもしれませんが、その迫力と言ったら、さすが「アメリカのSUV」といった衝撃的な印象を受けます。

価格は1000万円近い中古も存在しており、排気量は6.0Lと非常に大きくなっていますね。

海外のSUVは「海外」でまとえてはいけない?

日本では、海外製の車を「外車」とまとめてしまう傾向がありますが、SUVに関して言えば特に、アメリカと欧州では、そもそもの誕生の流れが異なります。

クルマというのは歴史の流れというのが大きく影響を与える部分がありますので、SUVについて海外の車を調べてみたいという方は、本場であるアメリカのSUVと、欧州のSUVという形で分けて調べる方が、分かりやすいかもしれませんね。

まとめ

海外のSUVについてご紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

日本ではなかなか手に入りにくい海外のSUVですが、迫力や走行性能という面では、国産を圧倒する部分も多くあります。

走行性能では、日本のランドローバーも負けてはいませんが、海外のSUVには海外ならではの魅力もありますね。海外のSUVをご検討されている方に、ぜひご参考いただけければ幸いです。